用語集

ICカード運転免許証

ICカード運転免許証とは、ICチップが埋め込まれた運転免許証のことを指します。ICカード運転免許証は、2007年から約3年間をかけて段階的に日本全国に導入されました。 新たに運転免許証にICチップが封入されたことで、免許証の厚さは従来の0.5mmからクレジットカード等と同じ、0.76mmとなりました。

主な変更点としては、従来の免許証の表面に記載されていた本籍欄は個人情報保護の観点から空欄となり、ICチップに情報が記録されることになりました。 また、2010年7月以降に発行された運転免許証では、表面の本籍欄が削除されています。

用語一覧

上へ戻る