合宿免許で必要な持ち物・便利な持ち物

入校に必要な持ち物リストを記載します!

入校日当日に忘れると入校できない場合がございますので、必要な持ち物はくれぐれも忘れないようご注意ください!

運転免許証を所持していない方

本籍地記載の住民票:入校日から3か月以内に交付されたものを用意してください。
身分証明書:健康保険被保険者証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付き)のいずれか一つ。
印鑑:シャチハタ(スタンプ)以外の認印。三文判でも良いので、必ず朱肉をつけて押すタイプの物をご用意ください。

運転免許証を所持している方(原付・二輪等)

運転免許証:免許証がICカード(本籍地記載のない免許証)の方は本籍地記載の住民票(入校日から3か月以内に交付されたもの)もご用意ください。
身分証明書:健康保険被保険者証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付)のいずれか一つ。

外国籍の方

外国人登録証明書
登録原票記載事項証明書
印鑑:シャチハタ(スタンプ)以外の認印。三文判でも良いので、必ず朱肉をつけて押すタイプの物をご持参ください。

入校に必要な書類を記載します!

入校申込書:教習所提出用です。
教習料金をお支払いされた領収書
交通機関の切符等購入時の領収書:教習所によって必要になりますので、あらかじめご確認ください。
学割証明書:学校で各自申請すると、発行される書類です。片道101km以上の距離がある場合、JR運賃が2割引になります。

合宿期間中の必需品(一般例)

筆記用具:ボールペン赤・青、ノート、ラインマーカーなど
眼鏡・コンタクトレンズ:色つきではないもの。サングラスのような色つきのものを着用したまま教習を受けることはできません。

現金
洗面用具
携帯洗濯用洗剤
衣類
健康保険証

衣類について

3~4日間位の着替えを持っていく方が多いようです。
衣類によっては教習を受けられない場合がありますので、注意してください。

【四輪車教習を受講される方】

運転しやすい服装
靴(サンダル、ヒール、下駄などでは教習ができない場合があります)

【二輪車教習を受講される方】

長袖・長ズボン(物の飛来によりケガをすることがあるので肌が露出する服装では教習できません)
靴(バイク用のブーツ・ライダースブーツなど足を保護するようなしっかりした作りの靴)
グローブ・軍手(できれば革製をおすすめします)
ヘルメット(125CC以上の教習ではフルフェイス型かジェット型に限られますが、事故防止の観点からフルフェイス型をおすすめします)
【注】グローブや軍手、ヘルメットについては、貸し出している教習所もございますが、新しいものではない場合もございます。臭いに敏感な方や、免許取得後に二輪車の使用頻度が高い方はなるべく持参することをおすすめします。

あると便利なもの

絆創膏(ばんそうこう)
目覚まし時計
物干しロープ
虫よけ
洗濯ネット
折りたたみ傘
常備薬・薬
消臭剤
スリッパ
サンダル
ジャージ
キャッシュカード
ガイドブック
ハンガー

洗面・風呂用具系

化粧品
ティッシュ
爪切り
タオル
ヘアブラシ
ひげ剃り
石鹸
ボディソープ
シャンプー
コンディショナー
歯ブラシ
歯磨き粉
ドライヤー
ハンカチ
ウエットティッシュ
コンタクトレンズ
コンタクトレンズケア用品
綿棒
耳かき

家電系

ノートパソコン
デジタルカメラ
電源タップ
延長コード
携帯電話の充電器
その他の充電器
モバイルルーターまたはLANケーブル(宿泊施設によっては無線LAN完備あるいは有線LANがあったりしますが、インターネット環境がない宿泊施設でもインターネットを利用したい場合には持参をおすすめします。)

娯楽品

音楽プレーヤー
携帯ゲーム機
トランプ
小説
雑誌

合宿免許のお役立ちコンテンツ♪

合宿免許とは

合宿免許での教習所の選び方

合宿免許の料金・費用の相場

合宿免許で必要な持ち物・あると便利な持ち物

合宿免許のスケジュール

合宿免許の申し込みにおすすめの時期・期間

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許と通学での免許取得の違い

上へ戻る